2021-06-03

Chromebookのタッチバッドによるポインタの操作方法

Chromebookのタッチバッドによるポインタの操作方法

Chromebookのタッチバッドを使ってポインタを操作する方法を紹介します。

タッチバッドとは?

タッチパッド

タッチバッドとは、Chromebookを操作するためのキーボードの手前にある四角い場所のことです。 この場所を指をなぞることで、Chromebookの画面にあるポインタ(矢印や指のマーク)を移動させることができます。

ポインタとは?

Chromebookの画面に表示されている指示棒のことです。矢印や指の形をしています。

スマートフォンでは、指で画面を直接タッチすることで操作します。

しかしながら、下を向いてChromebookの操作を行うため、首が痛くなりがちです。

そのため、前を向いてパソコンを操作するために、画面を指で直接タッチするのではなく、指の代わりとなるポインタをタッチパッドで操作します。

ポインタの基本操作

ポインタの基本操作は、4つです。

移動

ポインタを移動させます。 一本指でタッチパッドをなぞるように指を滑らせてください。

スクロール

画面に表示しきれない部分を見るために、ウィンドウの中身を移動させるときに利用します。 一本指でタッチパッドをなぞるように指を滑らせてください。

クリック

画面に表示されるボタンやメニューを選択するときに利用します。 1本の指でタッチパッドをタップします。軽くタッチバッドを叩くイメージです。

右クリック

右クリックは、表示されるボタンやメニューに 関連する機能を呼び出すときに利用します 。 2本の指でタッチパッドをタップします。

以上です。