2020-06-17

日付のフォーマットは「yyyy-mm-dd」形式をオススメします

日付のフォーマットは「yyyy-mm-dd」形式をオススメします

プロエンジニアが教えるTIPSシリーズ。 明日の話のネタ、生産性向上になるネタをお伝えします。

今回は、ファイル名やメールの文中に記載することの多い 日付の表記方式(フォーマット) について考察していきます。

日付のフォーマットは様々な形式がある

2020-06-18
2020-6-18
20-6-18
2020.06.18
2020/06/18
2020年6月18日
令和2年6月18日
18/06/2020
…

違うのは大きく分けて次の3点です。

  • 表示内容(西暦・和暦、月を2桁か1桁かなど)
  • 表示順番
  • 区切り文字(スラッシュ、ピリオド、ハイフン)

「yyyy-mm-dd」形式を推奨

日付の入力フォーマットはいくつかありますが、「yyyy-mm-dd」形式がオススメです。 これは、「2020-06-08」といったように、

  • 西暦4桁
  • 月と日を2桁
  • ハイフン区切り
  • 西暦、月、日の順番

で表示するする形式です。

世界標準

いきなり結論感がありますが、ISO 8601という日付と時刻に関する世界標準でも 「yyyy-mm-dd」形式を利用するよう定められています。

ISO 8601 tackles this uncertainty by setting out an internationally agreed way to represent dates: YYYY-MM-DD For example, September 27, 2012 is represented as 2012-09-27.

ISO 8601 DATE AND TIME FORMAT

固定長で扱いやすい

「yyyy-mm-dd」形式は固定長のため、Excelでも処理しやすいですし、見た目もわかりやすいです。 固定長とは、色んな場合でも常に同じ文字数ということです。

固定長の例

2020-06-08
2020-06-12
2020-10-03

どんな日付も10桁です

固定長ではない例

2020-6-8
2020-6-12
2020-10-3

日付の桁が異なります。

区切りが分かりやすい

「yyyy-mm-dd」形式は、区切りの文字があるため判別がしやすいです。

20200608

区切りがない場合、年月日の判別が難しいです。

2020-06-08

区切りがあると年月日の判別がしやすいです。

システム的に問題になりづらい

「yyyy-mm-dd」形式の区切りに利用しているハイフンは、システム的に問題になりづらいです。

日付の区切りに利用する文字は、システムと相性の悪いことが多い。

2020/06/08

「/」は、Windowsにおいてファイル名に利用できない。

参考:ファイルやフォルダー名に使用できない文字<Windows 10>

2020.06.08

「.」はファイルの拡張子に利用されるため、避けたほうが良い。

その他の国でも利用されている

「yyyy-mm-dd」形式は、デンマーク、ドイツ、スウェーデンでも利用されている。

さいごに

  • 日付のフォーマット(表記方法)は様々
  • 「yyyy-mm-dd」形式がオススメ
  • 世界標準だし、色々な合理性がある